五大監獄  (2009年12月20日、2015年11月15日、2016年9月9日)


 五大監獄と言うのをご存知でしょうか?明治五大監獄とも言われるようですが、山下啓次郎氏が設計をしたものを言います。
 千葉監獄(現千葉刑務所)、金沢監獄(現金沢美術工芸大学)、奈良監獄(現奈良少年刑務所)、長崎監獄(正門のみ)、鹿児島監獄(正門のみ)を言います。
 そのうち、金沢監獄は博物館明治村に正門・中央看守所・監房が移築されています。

 山下啓次郎氏は柳家金語楼の息子さんではありません。あのかたは敬二郎さんで年代も合いません。山下啓次郎氏は 慶応3年12月18日(1868年1月12日)生まれで、建築家です。東京帝国大学工科大学を卒業後、司法省に勤めたことから、五大監獄を設計することになります。なお、ジャズピアニストの山下洋輔氏は孫になります。

 実は奈良刑務所の保存活動を、建築学会の運営委員会の資料で知りました。保存活動は奈良地区では結構活発で、中世のお城のような煉瓦建物を保存する動きがありました。その時に五大監獄を知り、最も近いのが千葉刑務所だったので、これを見に行くことにしました。特に11月15日は、千葉刑務所の矯正展で、普段は入れない刑務所内を見ることが出来ます。
 また、千葉刑務所は革製品の出来が、他の刑務所より抜きん出て優れており、これを買うべきだと巷の噂が高いので、期待をして行きました。

 以前に、明治村に行ったと気には、フランク・ロイド・ライトの帝国ホテルに気を取られていたので、そんな思い入れもなく、金沢監獄跡を見ていました。これもカウントすると、千葉刑務所で2大監獄を制覇したことになります。ちなみに、奈良刑務所は放射状に延びた、獄舎も残されているようなので、これは無くなる前にぜひ見に行きたいのですが、遠いなあ。来年の建築学会も九州だし、切っ掛けがないなあ。


五大監獄 明治村の金沢監獄の門跡 (2009年12月20日)

五大監獄 明治村の金沢監獄の門跡 (2009年12月20日)



千葉刑務所



奈良刑務所