飯田橋界隈の御堀端  2018年10月12日


 ここ数年、江戸城の西側の御堀端に行くことが多いうさおです。20数年前には、毎日のようにお茶の水に通っていましたが、その時にはお濠を眺めるゆとりもなく、ただ脇目も振らず通っていました。
 最近は年を取って、人生の残りが少なくなったせいか、飯田橋界隈の余計なものが気になるようになりました。
 知らない土地を、てこてこ歩いてみると何だか面白い。先ずは2014年に御茶ノ水駅から秋葉原駅に向かいました。


御茶ノ水駅 あれは聖橋だな 2014年6月13日

聖橋の下を通って 2014年6月13日

外堀通り 聖橋の道路橋 鋼板桁に橋台 2014年6月13日

地下鉄丸ノ内線のあかり区間 2014年6月13日

 秋葉原と御茶ノ水間には、万世橋駅がありました。「東京鉄道遺産」小野田滋著にありますが、神田川に掛かる万世橋架道橋は明治6年に完成し、時の東京府知事大久保忠寛によって「よろずよばし」と名付けれたそうですが、何時の間に巷間では、「まんせいばし」と呼ばれるようになりました。ここには旧萬世橋駅もモニュメントとして残っています。027廃線厚木基地、廃駅に、地下鉄銀座線旧萬世橋構築を載せています。廃墟pwが必要ですよ。「ご近所トマソン隊かなあ」のページに戻って考えてみてください。


煉瓦高架橋下のモール 2013年9月15日

煉瓦高架橋下 旧萬世橋駅通路跡 2013年9月15日

煉瓦高架橋下の萬世駅モール 2013年9月15日

煉瓦高架橋の街路灯 2013年9月15日

煉瓦高架橋 橋上の駅のサイン 2013年9月15日

煉瓦高架橋下の1年後のモール 2014年6月13日

上部空間を総武本線橋梁が通る 2014年6月13日

煉瓦高架橋の隅角部は石積 2014年6月13日

煉瓦公共の店舗街 2014年6月13日

煉瓦高架橋のメダリオン 2014年6月13日

煉瓦アーチの補強 2014年6月13日

ここは調整桁があった所かな 2014年6月13日

万世橋橋台のモニュメント 2014年6月13日

水の都ベニスのようだ 行った事は無いけど 2014年6月13日

 お濠の水が静かに淀んでいて、それでいて不潔ではない。良いですね。ゴミが浮いていないところが、道頓堀とは大違い。
 飯田橋の辺りもお濠は結構面白い。紆余曲折があって、なかなか複雑です。
 2015年に幹事会で飯田橋駅に来ました。東京の大都会のこんなお濠端に、鷺がいるとは思いませんでした。餌の魚がいるんでしょうかね。


JR線の直ぐ脇がお濠 2015年6月18日

なにやら蠢くやつがいる 2015年6月18日

白鷺だね 2015年6月18日

 やはり幹事会の集まりで、飯田橋に行きました。時間があるので少し散策をしてみました。結構面白いものが沢山ありそうです。この辺りは江戸時代には、旗本屋敷があり、今は大学と出版社がお堀端に集中しているように見えます。
 街を歩いていると、煉瓦造りのスナックがありました。おお煉瓦だ。刻印が打っていないか探したけど、わからなかったです。私が携帯を建物に向けていると、おじさんが話しかけてきました。私はこの店で酒を覚えたんですよ、もちろんママは先代のママですけどね。うっん、何時の時代だ?うさおと年恰好が似ているので、戦後生まれか?配給時代じゃないだろうな?


スナック紅 2018年10月12日

ここの穴は何だろう?明り採り? 2018年10月12日

赤い扉がスナックの入口 緑のトタンと補色関係だ 2018年10月12日

階段の上が住居かな 2018年10月12日

ブロックは最初からあったのか? 2018年10月12日

 路地を回ると、面白いウィンドウがあった。このビルは出版社なのかな。色々な本が飾ってありましたが、あまり書店では見かけないので、自費出版の本かな。


Beaux−Arts ボザール飯田橋 2018年10月12日

うさおが知らないだけで売れている本なのかも 2018年10月12日

 飯田橋界隈は、表通りは近代的なスタイルに様変わりしていますが、横丁に入ると昔懐かしい店の構えが残っていて、昭和の香りが漂ってきます。


まごころ料理 近ちゃん 2018年10月12日

思わぬところに階段が 2018年10月12日

粋なお家ある 木札は纏、籠目、将棋の二の模様が 2018年10月12日

どうやら2番組 鳶さんかな? 2018年10月12日

 階段を登りきると、東京大神宮が急に現れてきます。東京?明治の時代に造営されたのでしょうか?東京大神宮の由緒を辿ってみると、
「江戸時代、伊勢神宮への参拝は人々の生涯かけての願いでした。明治の新国家が誕生すると、明治天皇のご裁断を仰ぎ、東京における伊勢神宮の遥拝殿として明治13年に創建された当社は、最初日比谷の地に鎮座していたことから、世に「日比谷大神宮」と称されていました。関東大震災後の昭和3年に現在地に移ってからは「飯田橋大神宮」と呼ばれ、戦後は社名を「東京大神宮」と改め今日に至っております。」
、おお三回も名称が変わったんだ。縁結びの神様なんだって。そういえば若い女性が多く参拝していたなあ。


東京大神宮のしおり 2018年10月12日

東京大神宮 隣は研修所 2018年10月12日

東京大神宮の大鳥居 2018年10月12日

手水場 列をなしています 2018年10月12日

手水場の守り神は龍です 2018年10月12日

手水場を一段登ると飯富稲荷神社がある 2018年10月12日

万安樓から寄進された燈籠か? 2018年10月12日

神殿の幔幕は16の菊花弁、菊の葉の紋様は珍しい 2018年10月12日

結構大きな社殿で、結婚式も多いそうです 2018年10月12日

 東京大神宮から、少し駅の方面に戻った横丁に、桐生稲荷神社がありました。しっかりとした氏子さんが守っているらしく、小振りですが子綺麗なお社です。


桐生稲荷神社 2018年10月12日

鳥居、扁額もしっかりとしていて 2018年10月12日

お狐様が守っています 2018年10月12日

 倅の嫁さんは青森の人です。飯田橋駅のすぐ近くに、「青森県のアンテナショップ」がありました。北彩館と名付けられていて、林檎の絵が描かれています。


青森のアンテナショップ 2018年10月12日

 それでは、飯田橋駅付近の戻ってみましょう。駅は掘割の中にありますが、そこには江戸城の石垣がしっかりと残っています。


駅近くの江戸城外堀の石垣 2018年10月12日

 ここは牛込見附(敵の侵入を見張る御門)があった所です。説明版に詳しいですよ。


牛込見附の説明版 2018年12月20日

 この牛込橋についても説明版をお読みください。


牛込橋の由来 2018年10月12日

橋の親柱には小さな櫓が 2018年10月12日

街路灯 2018年10月12日

うしごめばし親柱 2018年10月12日

残されている外堀の石垣 2018年10月12日

 飯田橋駅は大規模な改修の真っただ中で、昔あった橋脚なんかはバサバサ切り飛ばされていますよ。


改修工事のために橋脚の切断 2018年10月12日

それを眺めている鳩の親柱 2018年10月12日

 飯田橋駅の西側に「旗本屋敷跡」があります。日本歯科大学附属病院の玄関前にあります。「下馬」と石に書かれていますね。


旗本屋敷跡 2018年12月20日

旗本屋敷跡 下馬と書かれている石碑と蹲石 2018年12月20日

旗本屋敷跡 説明版 2018年12月20日

 次は旧甲武鉄道跡について、調べてみましょうかね。