金沢八景周りの地下壕跡  (2016年2月7日)


 久しぶりにお日和が良いので、金沢八景に近い六浦の海軍航空隊の門扉と、手子神社の地下壕跡を見に行ってみました。
海軍航空隊の門扉は、富岡総合公園の中にあります。国道16号の鳥見塚交差点から金沢シーサイドラインの南部市場駅を結ぶ道路沿いにあります。この公園は旧日本軍の横浜海軍航空隊の基地があった所です。大東亜戦争ごは米軍に接収されていましたが、返還されて公園になりました。


金沢八景周りの地下壕跡 海軍航空隊の門 格好をつけるうさお (2016年2月7日)

金沢八景周りの地下壕跡 海軍航空隊の門 府中の航空隊とよく似ている (2016年2月7日)

金沢八景周りの地下壕跡 石門の左側 (2016年2月7日)

金沢八景周りの地下壕跡 石門の左側の裏 (2016年2月7日)

金沢八景周りの地下壕跡 石門の右側 (2016年2月7日)

金沢八景周りの地下壕跡 石門の右側の裏 (2016年2月7日)

金沢八景周りの地下壕跡 石門の門碑 (2016年2月7日)

 そう言えば、この先の大きな団地があったけど無人になっていました。大層綺麗な富岡団地でしたが,廃墟でしたね。


金沢八景周りの地下壕跡 廃墟の富岡住宅 (2016年2月7日)

金沢八景周りの地下壕跡 廃墟の富岡住宅 (2016年2月7日)

 この石門は府中の航空隊の石門によく似ています。車で普通に走っていたら、見逃してしまう謙虚さです。公園の駐車場に止めようかと思っていましたが、降りて散策しても浜空神社があるだけなのでやめておきました。

 続いて行ったのが、旧東急車両製造の裏山にある「手子神社」です。ナビに入れてあった地点を目指します。あれ、道を一本間違えちゃった。これが幸いしました。思いもかけぬ地下壕跡が露出していました。


金沢八景周りの地下壕跡 スシローの開発で掘削された山 google (2016年2月7日)

 セブンイレブンとスシローの駐車場に車を入れます。するとその目の前に、切り立つ断崖があり、下の方に大きい穴と人道と思われる小さい穴が開いておりました。googleでみると、スシローの店舗のために山を切り崩したようです。今まで山の中で見えなかったものが、急に現れてしまったという感じです。これが明治以降のものと思われるのは、この小さな坑道の形です。見事な馬蹄形をしたトンネルで、上部がアーチになっているのが見て取れます。防空壕であれば、大層大きなものだし、出来れば何かの軍事施設であってほしいなあ。
 このような土木工学的な地山の切り方は、大正・昭和の時代だと思われるのですよね。
私たちがぱちぱち写真を撮っていると、上品な30台と思われる女性がスマホで撮りまくっております。しかもずいぶん丁寧に、地下壕の中を覗き込みながら撮影されています。人気の無くなった夜にでも来て、探検するのじゃないかと二人で話しておりました。


金沢八景周りの地下壕跡 風前の灯のような断崖 (2016年2月7日)

金沢八景周りの地下壕跡 調査するcacco (2016年2月7日)

金沢八景周りの地下壕跡 非常に綺麗に掘削されているが崩落もしている (2016年2月7日)

金沢八景周りの地下壕跡 こんな風に (2016年2月7日)

金沢八景周りの地下壕跡 馬蹄形のトンネル (2016年2月7日)

金沢八景周りの地下壕跡 この人が探索していた人 (2016年2月7日)

 caccoに裏にもあることを告げて薄い崖をぐるっと回ってみます。おおっ、大きな穴が開いている。落石防止のネット掛かっている。caccoはどんどん立ち入って覗き込んでいます。が、うさおはここが他人の敷地であることに気づいてしまいます。入口に戻ってみると、門の脇に表札が掛かっていました。まずい、警察に通報される。あっ、奥さんが出てきた。車に乗り込むようです。一応、挨拶をしておきました。caccoはまだ気が付きません。caccoがいる所は一番奥の豪の入り口で、そのお宅のお庭に面しております。
 でも貴重なショットが取れました。


金沢八景周りの地下壕跡 道路側から見るとこんなに崖が薄い (2016年2月7日)

金沢八景周りの地下壕跡 裏に回ってみました 下に埋めた跡が見える (2016年2月7日)

金沢八景周りの地下壕跡 大きな壕を撮った貴重な写真 (2016年2月7日)

金沢八景周りの地下壕跡 ここが大きな壕 ほとんど庭に面している (2016年2月7日)

金沢八景周りの地下壕跡 木々の陰に隠れてさらに壕があった (2016年2月7日)

 気を取り直して、手子神社に向かいます。今度は間違えないぞ。
 神社のそばの相鉄ローゼンに車を停め、神社に向かいます。まずはお参りしましょう。2礼2拍1礼、鈴をガラガラ。本社の東側に山を穿った小さな祠があります。「竹生嶋辨天」とあります。中の天井には,手ノミの跡がしっかり残っておりました。
 山のあちこちに、掘った跡があります。防空壕でしょうか。
 神社の周りを見てみます。おっ,あるある。地下壕の入り口が沢山あります。全部コンクリートで埋められていますが、入口の半分は道路より下です。


金沢八景周りの地下壕跡 手子神社 (2016年2月7日)

金沢八景周りの地下壕跡 手子神社本堂 (2016年2月7日)

金沢八景周りの地下壕跡 この社は竹生嶋辨天のもの (2016年2月7日)

金沢八景周りの地下壕跡 中はこんな感じ 手鑿の跡が残る (2016年2月7日)

金沢八景周りの地下壕跡 竹生嶋辨天社の側面 (2016年2月7日)

金沢八景周りの地下壕跡 いたるところに掘りかけの穴が (2016年2月7日)

金沢八景周りの地下壕跡 比較的大きなもの (2016年2月7日)

金沢八景周りの地下壕跡 無縁仏だろうか、空襲で亡くなった方か (2016年2月7日)

金沢八景周りの地下壕跡 地下壕入口と手子神社の山 (2016年2月7日)

金沢八景周りの地下壕跡 みんな道路より低い (2016年2月7日)

金沢八景周りの地下壕跡 階段があるが何に使うのか (2016年2月7日)

金沢八景周りの地下壕跡 もはや潜れない (2016年2月7日)

金沢八景周りの地下壕跡 建物の陰にも壕の跡があった (2016年2月7日)

金沢八景周りの地下壕跡 手子神社の由来 (2016年2月7日)

 この神社の山の裏側は、横浜市大や旧東急車両の工場ですので、六浦地下工場があった所です。うまく、神社の山の尾根を伝っていければ、この地下工場のためのグラースの森の貯水槽を見に行きたかった。さすがに切り立ったような崖地ばかりなのと、意外と人通りが多くそんなことをするとすぐに通報されてしまいそうでした。


金沢八景周りの地下壕跡 グラースの森の貯水槽 (2016年2月7日)

 私たちは、もう先が無いので捕まってもよいのですが、息子に迷惑が掛かっても仕方ありません。別な機会を探すことにしましょう。今度は、山に登ってもよい格好で、春が良いですね。