田浦港町比与宇廃線  2010年9月7日


 ところ変わって、横須賀は田浦港。ここには軍用線の跡があります。つい最近まで、米軍の貨物搬送に用いられていましたが、さすがに廃線にしたようです。「田浦港軍用専用線」と言います。まず一度依頼品を見てみよう・・・。じゃあなくて地図を見てみよう。小さくて申し訳ありませんが@が途切れた軌道とトンネル及び地下壕入口(らしきもの)、Aは直交している処。@とAの間に転轍器がありました。


比与宇廃線 googleより 2010年9月7日

 ここがまず第一のスポット。比与宇トンネル前の道路横断箇所で、くっきりと鉄路が残っています。この近くで宅地の造成工事が始まっており、下手をするとこの廃線も地下壕も無くなってしまうかもしれません。比与宇トンネル内には、地下壕跡が残されており、現在造成中のところにも、壕跡が出現しているようです。見に行きたいね。

 線路や転轍機が、メンテナンスされています。でも鉄路は、トンネルの手前でプツリと途切れています。
 残っているのは転轍器だ。先ほど、うさおが立っていた辺りだ。直進と、海側の倉庫・工場に向かうワンドした軌道だ。
 さて、これは果たして動くのか。ロッドはちゃんと付いているし固定のボルトもしっかりしている。
 動かしてみたかったが、人目やクルマの往来が激しく、少し気後れがします。
(いや、無関係の人が触っちゃだめですって・・・この当時うさおは在来線、新幹線の工事管理者と、地下鉄の工事管理者を持っていたので、転轍機の扱いはお手のもんだよ)
 車の止めたCaccoのいるあたりです。軌道の上にそのままアスファルトを敷いているので、まる分かりです。


比与宇廃線 途切れた軌道敷 2010年9月7日

比与宇廃線 杜撰にもレールの上をアスファルトで埋めてある 2010年9月7日

比与宇廃線 ここは米国の管理下にあります 2010年9月7日

比与宇廃線 だるま式転轍機 ロッドが土に埋まっている 2010年9月7日

比与宇廃線 いいですねえ 2010年9月7日

比与宇廃線 横須賀市上下水道局長浦ポンプ場 2010年9月7日

 比与宇というこの地に、軍用線や軍用道路が残っているのは何故でしょう。この転轍機がある建物の裏手に、日本海軍の弾薬庫があり、今は海上自衛隊が弾薬庫として使っています。航空写真を見てみると、一目瞭然で土塁に囲まれた弾薬庫が見えます。
 交差する鉄路が米軍保有なのは、戦後は米軍も弾薬庫として使っていたのかもしれません。この一帯は今後海上自衛隊の集約基地となるため、この倉庫群も数年後には消滅してしまうでしょう。残念ですね。(その前に見学させてほしいなあ)


比与宇廃線 比与宇弾薬庫 googleより 2010年9月7日

比与宇廃線 比与宇弾薬庫 googleより 2010年9月7日

 この比与宇トンネルは昔は併用隧道で、片側を貨物鉄道、片側を軍用道路として使っていました。実はこのトンネルの中に秘密の地下壕があります。トンネルの壁面にその跡が残っています。コンクリートで塞いだ跡です。
 このトンネルも横須賀要塞のひとつだったに違いない。この馬蹄形の埋めた跡が4~5個、ありました。
 造成している山の斜面に地下道の入り口があったのかも・・・。少なくともそれは今の工事で潰されていそうだな。造成工事は海上自衛隊横須賀造修補給所を作っていました。


比与宇廃線 比与宇トンネル 2010年9月7日

比与宇廃線 トンネル全景 右手に造成工事 2010年9月7日

比与宇廃線 トンネルの内部 2010年9月7日

比与宇廃線 ブロックで埋めてある 2010年9月7日

 うさおは地下道の散策は整備されたところしか行かないよ。足腰が弱くなって屈んで移動するなんって至難の業だ。
 この軍用専用線の特徴的なものは、この直角に交差した鉄路の処だ。以前に横浜の大桟橋の東西倉庫跡から見つかった転車台の軌道が、このような直交軌道だったですね。
 もう少しアップで見ますとこんな感じ。線路ってイメージじゃあありませんね。路面電車の感じかなあ。
 どこもかしこも夏草に覆われ、かつての栄華はいまいづこ・・・って荒城の月じゃないんだから・・・。こちらの方向が横須賀線とつながる軌道があったところ。
 何故か渋い顔のうさお、眩しい太陽はうさおにはあわないのさ。


比与宇廃線 草の中に入っていく鉄路 2010年9月7日

比与宇廃線 交差する線路 2010年9月7日

比与宇廃線 交差する線路 2010年9月7日

比与宇廃線 交差する線路 見事だ! 2010年9月7日

比与宇廃線 この先は港に向かう 2010年9月7日

比与宇廃線 こちらは横須賀線に繋がる 2010年9月7日

比与宇廃線 戦時からあった倉庫群@ 2010年9月7日

比与宇廃線 戦時からあった倉庫群A 2010年9月7日

比与宇廃線 戦時からあった倉庫群B 煉瓦だ! 2010年9月7日

 トンネルを抜けてすぐに海上自衛隊第二術科学校が見えてきます。この先に行っても軍事施設の跡はありますが鉄路はありません。
 横須賀線田浦駅の近くに立派な煉瓦積み隧道がありました。
 海側に行くと先ほどの海上自衛隊第二工科学校、ご覧の様な米海軍の燃料補給基地、横浜ベイスターズの屋外練習場、戦争遺跡が残っています。田浦はマニアにはたまらない街ですねえ。
 線路の脇に車を置いて。写真を撮っていたら突然パトカーが・・・付近の人が不審者ありと言うことで通報したのか?
 急いで車の処に駆け帰り、エンジンをかけて、さもすぐ移動しますよ言う振りで、パトカーが近づいてきたら出ようと待機していたら何事もなくパトカーは行ってしまった。うさおは思い込みが激しい方だからね。ちょいと心配しちゃいました。場所的にはBの辺りです。


比与宇廃線 海上自衛隊第二術科学校 2010年9月7日

比与宇廃線 第二術科学校正門 2010年9月7日

比与宇廃線 横須賀線煉瓦トンネル 2010年9月7日

比与宇廃線 米軍燃料ターミナル 2010年9月7日

比与宇廃線 横浜ベイスターズ練習場 2010年9月7日

比与宇廃線 おっ,パトカーだ! 2010年9月7日


戻る