その4 

 この号の頃は、ほとんど活動できないうさおがいました。下っ端社員って辛いすね。うさおは人見知りの性質であり、社交術にも長けていないため、他のグループとの交流は致しません。「いたしません」は大門美智子のようですね。
 小さいときには、小松崎茂のSF挿絵に心を動かされ、高校生になって「ダリ展」を見て仰天、これだ、私の目指すところは。精緻なディテールで空想の惑星世界を書き上げる、出来ればそこに、何か広大無辺な思想的なものを、考えさせるエモーションを描きたかったのです。
 そうだ、うさおは挿絵を描きたかったんだ。SFの愛好家の隠れ蓑を着て、ちょっとそれっぽい作品を書き挿絵を載せる。普通、挿絵というのは「おまけ」なのですが、うさおは逆です。
 あまり活動に身が入らないうさおを見て、綾の鼓のメンバーは早々に引退してもらおうと、中表紙に遺影を差し込んだものです。黒枠を付けていないだけましです。
 米山峰夫氏は東海大学の現役の学生でしたが、当時からセミプロとして名が知られていました。自身の応募ではなく、会員の何方かの推薦であったかなと思う。氏は「夢枕 獏」のペンネームで、5号を除く毎号に執筆してくれました。
 どちらかと言うと、ほんわかとした面立ちの方でしたが、書評に関しては手加減がなく、うさおは連載予定の「綾の鼓」を尻切れトンボ的に辞めてしまいした。実はたいしたアイディア・トリックがあった訳でもなく、ブラウン運動の霧箱観察に着想を得て、鼓の紐から放射性物質が拡散し、割下水の地のじめじめした環境では、夜になると靄が立ち込め、霧箱現象を見ることが出来るという稚拙なもの。氏の指摘で早くもネタバレしてしまったようなので、続編は諦めました。
 うさおの特質は、漫画家志望のくせに、キャラクター造りが下手、ストーリーがまずい、根気が無いの三拍子で、才能の無さ、ぐでぐででした。
 建築の環境計画に進んで、よかったなと思うのは、もっとずっと後のことです。 
 

No.4 表紙 これも女性の裸なので恥ずかしいと不評でした

No.4 裏表紙 裏は逆に可愛くしましたがやはり不評でした

No.4 中表紙 創立者 遺影のようだと言われた


戻る