敬愛する三人の作家へ  夢枕 獏

ある古い着物の記録(ある生き物の記録)

       − 小松左京へ −

 時は現在より一万年の未来。
 地球へおとづれた宇宙人は、そこに文明の残骸を見つけた。ところが、それらはあまりにも破壊され、彼らには、その文明を作りあげた生命の形態がつかめなかった。が、ついに彼らは、奇跡的に残っていた、その生物が身にまとっていたと思われる布を、さる密室の跡より発見した。
 彼らは、それをつまみあげて言った。
 「この生物は一足獣で、ふたつの首を持っている」
 それは、パンティであった)

おーい、出てこい(おーい、でてこい)
       −星 新一へ −


 ある日、星新一はトイレへ行った。ところが、そのトイレは使用中である。彼は、ドアをどんどんたたいて言った。
 「おーい 出てこい」
 すると、中から星新一が出てきた。

セールスマン(笑うな)
       − 筒井康隆へ −


 「・・・しつれいですが」と筒井康隆は言った。「筒井康隆さんのおたくですか」
 「はい」と俺は言った。「私が筒井康隆ですが」
 「実は、タイム・マシンを買っていただきたいのですが・・・。おや、信用なさらないのですか・・・しつれいですが」と筒井康隆は言った。「筒井康隆さんのおたくですか」
「はい」と俺は言った。「私が筒井康隆ですが」
「実は、タイム・マシンを・・・」


戻る